アルツハイマーの治療を受ければ症状を緩和できる

良いソフトを利用する

医師

伝送ソフトを選びたいならば、ソフトの人気情報を参考にすることを忘れてはいけません。またケアネットメッセンジャーのような伝送ソフトの機能について知り、利用後に何が変わるのか具体的にイメージして選ぶことも大切です。

Read More

良いホームを選ぼう

笑顔の女性

同じ中央区にある老人ホームであっても、それぞれのホームによって特徴が異なります。そのためホームの特徴を掴み、状況にあったホームを選べるようにしましょう。家族だけで決めるのではなく、ケアマネジャーに相談することも大切です。

Read More

認知症を改善

先生

薬の効果

アルツハイマー型認知症とは記憶力や判断力の低下により、日常生活に様々な障がいをもたらす病気です。はっきりとした原因は解明されてなく、元の状態に戻す治療法も確立していません。しかし、脳の老化や生活習慣、遺伝に起因してると言われ、現在では進行を遅らせる治療法が存在しています。アルツハイマーは薬物による治療が行えます。進行を遅らせる薬は1999年まで1種類しかなかったのですが2011年に新薬として3種類が承認され、進行状態によって使い分けることが可能になりました。また、併用して抗うつ薬や睡眠薬、抗不安薬を使用することで、アルツハイマー特有の徘徊や興奮状態、不安やうつの抑制が行えます。しかし、高齢者の場合、副作用や身体機能の低下が起きやすいため、状況によって「薬を使用しない治療」を検討することが大切です。

薬を使わない療法

「薬を使用しない治療」は脳に適度な刺激を与えることで、アルツハイマーの進行を遅らせるリハビリ療法です。主なリハビリ療法として、回想法、音楽療法、絵画療法などがあります。回想法は同じ年齢層の方がグループとなり過去の思い出や自慢話などを話し合い、認知機能を高めたり一時的に病気の不安などから気持ちを解き放つ方法です。音楽療法、絵画療法は演奏したり絵を描いたりすることで、脳の活性化を促して心身状態の健康が維持されます。これらはデイサービス等の福祉サービスを利用することで、同じ境遇の方と過ごす時間が作れ、効果が高くなります。また、体内の活性酸素は細胞を錆びつかせる原因で、水素はその活性酸素を中和する働きがあります。食事療法として水素を多く摂取することは、アルツハイマーの進行抑制に繋がります。アルツハイマーは症状を完全に治癒することは出来ませんが、進行状態に応じた薬物治療と薬を使わないリハビリ療法で進行を遅らせることが可能です。本人の様子を見ながら適切な治療を行いましょう。

支えがポイントの住まい

女性二人

介護の手をなるべく必要としたくないシニア世代からも高齢者住宅への関心は高く、さらに要介護者にとっても、安心して暮らせる住宅探しが注目されています。バリアフリーや医療サービスのみならず、交流できることも高齢者の生活では重要で、入居後のライフスタイルまで考慮することは大切です。

Read More