支えがポイントの住まい|アルツハイマーの治療を受ければ症状を緩和できる

アルツハイマーの治療を受ければ症状を緩和できる

支えがポイントの住まい

女性二人

高齢者向けの環境

65歳以上の高齢者の数も右肩上がりに増え、一生涯の住まい探しが模索されています。自立した生活が送れる人ばかりではなく、要支援・要介護者の方も数多く、生活支援を受けることが可能で、高齢者住宅も注目されています。介護サービス付きとして浸透しており、賃貸借契約を結んで入居する流れです。一般的な賃貸住宅同様に自立した生活が送れたり、共有の中庭で交流できるマンションなども展開され、1人、夫婦2人での暮らしが不自由なく展開できます。高齢者住宅が一般的な住宅と異なる点として、障害に配慮された設計にあります。車イスでも移動ができるバリアフリー設計はもちろん、防犯カメラやナースコール機能などのセキュリティや医療形態も万全です。可能な限り、緑に囲まれた自然の立地に高齢者住宅は建てられ、マンションや平屋などから選ぶことができます。不審者が紛れ込まないために入居世帯も小規模であるケースが増えているのも特徴です。

孤立しないための確認

国で推進されているのはサービス付高齢者住宅ですが、現在では様々な住宅が展開中で、賃貸での入居は同じでも、マンション・戸建から選択可能です。注意点として地域の特性があり、地域ぐるみの介護予防の取り組みを進めて一般介護予防サービスが受けられる地域と、これから取り組む地域が挙げられます。大半は生活機能の低下が見られる高齢者向けに高齢者住宅が展開されていますが、命に関わる要介護・要支援が必要な方の入居も可能です。その場合には医療・介護体制が地域全体で整っているのか、住宅内の構造や設備同様に確認が必要です。万が一の緊急ブザーや介護サービス付きは定着していますが、1人での場合には孤立する内情もあり、コミュニティの場や人との携わりは必要と言われています。それぞれの生活や障害にあわせて支え合える仕組み、あるいは環境下であるのか、入居前には確認したい内容です。